腰痛との付き合い。腰全体から鈍い痛みがして、足の付け根まで響いてくる

久しぶりに部屋の整理で重いものを運んだところ、持病である腰痛を再発させてしまった。腰全体から鈍い痛みがして、足の付け根まで響いてくる。何とか整理をキリのいい所まで終わらせて、すぐに湿布を貼った。ふと思うのが、腰痛を患ってからもう20年以上も経っている、という事だ。
 最初に腰痛を覚えたのは、大学生の時だった。当時私は学業の傍ら、アパート近くの運送会社で荷物仕分けのアルバイトをしていた。早朝の仕事ではあったが、早起きは苦でもないし力仕事は得意だったから、求人広告を見てすぐに応募した。
 その頃は若さに任せた、先を全く考える事のない仕事のやり方をしていた。それが後に、今でも抱えている“腰痛”という爆弾を生む事になってしまったのだ。
 荷物を持つ時には腰を痛めないために、膝を曲げて全身で持つ事が必要だ。現に当時私よりも先輩だった人達は、このやり方で多くの荷物を仕分けていた。私はと言えば、膝を曲げることなく腰を曲げて勢いで荷物を持ち上げて仕分けていた。そんな間違った持ち方でやり続けた報いは、徐々に現れてきた。
 いつものように仕事に行くために早起きして布団から出ると、腰に違和感があった。ズキズキと鈍い痛みがして、曲げるのが苦痛に感じる。幸いな事にその日は日曜日で、仕分ける荷物が少なかったので、何とか仕事はやりきった。しかし、あまりにも続く痛みに耐えかね、生まれて初めて腰痛のための塗り薬を買ってきた。インドメタシンという成分が入った、塗るとスースーして気持ちいい薬だった。この日から仕事を辞めるまでの間、私はこの薬を朝夕の2回塗ることが日課となった。
 仕事を辞めて大学も卒業した私は、地元の商社に就職した。普段はデスクワーク中心で、座った状態が続く環境、それが腰に文字通り響いてきた。痛みのせいで長く座っていられない。仕事に集中できない。さすがに、まだ若いながら危機感を覚えた。
 それからまた腰の薬を塗る一方で、腰痛を良くする方法を調べた。簡単にできそうな事として、腰を温めること、うつ伏せに寝ないことを始めてみる。普段はシャワーで済ませていた所を、浴槽にお湯を張りゆっくり浸かるようにした。横になる時もうつ伏せにならないように気をつけた。すぐに良くはならなかったものの、続ける事で痛みが緩和されて、何とか今に至っている。
 腰痛は放っておくと、地味に自分の身体を蝕み、様々な場面に影響を与える。やれる所からでいいから、腰のケアは確実にやるべきだ。それがいずれ、高齢者になった時の腰の状態を決める要因となるはずだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です