renedif式マットレスの選び方って?山本昌選手も絶賛のモットンがすごい

小学生の時、親が使用していたモットンのマットレスで寝ていました。モットンのマットレスのマットレスは弾力性があり、冬は寝心地が良かったです。しかし、夏は通気性が悪く暑くてたまらなかったので、マットレスのないベッドに変えてもらいました。マットレスがないベッドは、敷布団だけなので弾力性はなく、寝心地はあまり良くなかったです。しかし、夏の暑さの寝苦しさに比べると断然良かったので、特に何も思わずに子供の頃は寝ていました。若い時はマットレスが必要だとはあまり思わないかもしれません。

それから、成長に応じてベッドを変えてもらいました。成人してからは畳のベッドを購入しました。マットレスを敷いて眠るようにしていなかったので、また何も思わずまた眠っていました。ただ、今思うと寝つきが悪く、翌日に体のだるさが残っていたような気がします。体がだるく、仕事に行くために朝起きるのが気が重かったです。

それから、結婚して何年か経ち腰痛を患うようになりました。そうすると、マットレスのあるベッドが寝心地が良くてマットレスなしでは眠ることができなくなりました。もちろん、腰痛も和らぎました。
現在使用しているマットレスは、厚みがない通気性の良いものです。厚みがないので干しやすく、清潔に手入れできています。厚みのあるマットレスは、なかなか手入れできず、ダニや菌の繁殖が気になります。また、価格が高いものが多かったです。

コスパも最強!山本昌さんのマットレスモットンが超スゴイ!!

マットレスを購入するときには、手で触れたりサンプルで寝心地を確かめました。これが良かったです。マットレスは見ただけでは良さが分かりませんから。また、体に合っていないマットレスは体の疲れがとれないです。逆に体を悪くすることもあるので気をつけたいです。

価格にもよりますが、更に快眠ができる理想のマットレスを見つけたら、購入して使用したいです。良質の快眠することは、健康につながるとても大事なことです。年を重ねていくから体調不良というより、こういうできることから変えていきたいです。
マットレスは何度も買い替えるものではないので、一度購入すると何かないかぎり購入しようとは思わないでしょう。しかし、快眠を求める忙しい現代人こそ、品質にこだわった良いモットンを購入して欲しいです。そうすればストレスが減少して心に余裕ができることでしょう。

価格が安く、もっと機能性高いモットンが商品化されたら使用率がぐんと上がると思います。若い年代でも利用したいと思うような広告で広めて欲しいです。

実家ではずっと床に布団を敷いて生活していました。
ベッドで寝るのは旅行先のホテルくらいで、特に不便とも思っていませんでした。

結婚して、新しい家にはベッドを購入しました。
夫がベッド生活が長く、体格も良いため、床に布団を敷いて寝ると腰痛が悪化するというので、奮発して高価なマット付きのベッドでした。
これがとても寝心地がよく、布団ばかり使っていた私はびっくりしました。
コイルマットが柔らかすぎず、硬すぎず、ゆったりと体を包み込んでくれます。

すっかりベッドでの生活に慣れた頃、妊娠しました。
お腹が大きくなってくると、ますますベッドでしっかりと体を支えてもらえるのが助かるようになりました。
やがて出産。
子どもが夜泣くようになるので、昼は会社へ行かなければならない夫とは別の部屋で眠ることになりました。
我が家のベッドはダブルサイズ、夫はベッドではないと眠れないので、私が床に布団を敷き、子どもはベビーベッドへ。
間取りの関係で、ベビーベッドを置いた部屋には普通のベッドはもう置けませんでした。

最初は通販で買った安い敷布団を直接床に敷いていたのですが、これが硬い硬い。
出産後の弱った体がギシギシ軋むほどの寝心地の悪さでした。
慌てて安いモットンを購入。多少寝心地はましになりました。

しかし、床上げの頃に布団をたたんでみると、薄黒いカビが…。
ちょうど夏の蒸し暑い季節だったこともあり、布団が湿気をしっかり吸い取ってかびてしまったのです。
びっくりしてモットンの下に敷くすのこのようなマットを購入。
マットレスも黒いカビのシミが洗っても取れないので、交換することにしました。

山本昌さんがすすめるマットレスは素晴らしいですね。
おすすめできるマットレスの一つと言えます。

ここまでの経験で安い寝具には凝りていました。
新しいマットレスを購入する際は、しっかり口コミを見て、費用対効果の高そうなものを選びました。
何分、子どもが出来ていろいろとお金が掛かっている時期でしたので、高いものは買えません。
選んだのは7000円ほどの分厚い高反発マットレスでしたが、これは大成功!
あれから何ヶ月も使っていますが、まったく凹まず、立てて置くのも簡単なので乾燥させやすいです。

その後、狭かった部屋から引っ越しして、ベッドが置けるような広い部屋に移り住みました。
でも相変わらず、ベッドは買わず、そのマットレスを使っています。
高い買い物をしたくないというのもありますが、モットンだと布団が畳みやすいので、昼の間の部屋が広いのです。

さすが山本昌さんもおすすめしているマットレスだと思いました。

名前をもう一度言うと、その山本昌マットレスはモットンです。

もし気になる方がいるのであれば覚えておくと良いでしょう。

また、山本昌twitterでも山本昌さんが情報を発信しているので参考にしても良いかもしれませんね。

ベッドは畳めるものもありますが、天日干しが楽ではありません。
厚みのあるマットレスなら、ベッドのような寝心地と、畳んで押入れにしまえる利点、双方活かせます。

今では歩き回る子どもがベビーベッドで寝たがらず、私の布団を占領して眠ることもあります。
高さの高すぎる大人用のベッドではなく、分厚くとも厚みは10センチ程度のマットレスなので転がり落ちても安心です。
たまにベッドが恋しくなる時もありますが、それはまた旅行に行ったときにでも味わえたらいいかな?と思う今日このごろです。

私の腰痛体験。早めの治療が大切みたいです。

20代後半の頃、ひどい腰痛を患いました。腰が痛いかもと思った時、だましだまし時間を過ごしたのがいけなかったのだと思います。気づいたら、最寄駅から徒歩10分の会社にも歩いていけなくなっていました。タクシーで会社まで乗り付けて、エレベーターまでおばあさんのようにして歩き、人がいなければエレベーターの中で座っていました。もうこれ以上は我慢できないというところまで我慢してから、病院に行きました。
病院ではお薬をいただきました。それから、しばらくはコルセットもつけました。コルセットをつけると、不思議と痛みが軽くなりました。癖になるからと言われ、一日中、つけていることはできなかったのですが、少なくともつけている間はとても楽でした。その後、運動療法の効果も出てきて、お薬もいらなくなりました。もう大丈夫でしょうとお医者様に言われた時、とても嬉しかったです。
とはいえ、今でも腰痛から完全に解放されたわけではありません。急に寒くなったり、体力が弱ってくると、腰痛がうずきます。はい、今からスタートという感じで痛みは来ません。じりじり、じわじわと痛みが寄ってきます。ちょっと気持ちが悪い感じです。この段階できちんとケアをしないと、後が大変であることが分かっています。だから、腰痛の気配を感じたら、意識して体を温め、体を休めます。
はっきり言って、こんな風に腰痛に気を遣って、生活するのは本意ではありません。自分の意志とか関係のないところで、痛みが始まるので不愉快ですらあります。でも、仕方ありません。もう病院とお友達になるのは嫌ですし、時間も無駄だと思います。せいぜい養生して、腰痛が起きないように注意して生活しなければいけないだろうと思っています。
私が腰痛になった原因は、後で分かったことなのですが、履いていたお気に入りの靴のヒールの骨が片方折れていました。ただでさえヒールの靴は腰痛を誘発するらしいのに、ヒールの骨も折れていたのだから、なるべくしてなったという感じです。もし腰の調子が悪いなと思ったら、靴が原因かもとお考えになられてみても良いかもしれません。
あともう一つ、大切なことは、仕事が忙しいとか、時間がないとか、言い訳をせずに早めに病院に行った方が良いです。私もここまで我慢することない!とお医者様から怒られました。我慢した分、治療の時間も長くなります。土曜日の午前中なら診療している病院は、結構、あります。是非、我慢せずに病院に行かれてみてください。

デスクワークで腰痛になりましたそんな時にもモットンを

デスクワークのやり過ぎで腰痛になってしまいました。座りすぎるとお尻の部分の骨が痛くなるようになってしまうのですよね。これは困りました。仕事ができないのです。どうしたら治るのかも分かりませんでした。そうなので実際に医者へ言ってみました。骨のレントゲンを取ってみると特に以上はないとのことでしたね。ですから痛み止めをもらいました。飲み薬です。それ以外にコルセットももらいました。それを着用しているだけでもかなり楽に作業ができるようにはなりました。やはり便利な道具は使うべきであると言えます。あとは適度な運動することにしました。運動を少しやるだけでも違います。運動不足になると良くありません。運動不足を解消することが腰痛改善へつながると思います。あとは適度なストレッチですね。それを行うだけでも違います。腰を伸ばすだけでも腰痛は良くなってきたと思いました。やはり自分ひとりで出来ることも多いのですよね。それらをコツコツこなしていくだけでも体調を買いz年することが出来るのではないでしょうか。時間はかなりかかるとおもいます。ですが確実に治していきたいです。体調管理は自分で行うしかありません。自分でどうにかしなければならないのだと思うようになってから行動できるようになりました。実際に体調には波があります。しかし自分でコントロールできる部分もあると言うことですね。ジョギングをしたりしてもいいです。腹筋運動も効果的です。
胴回りの筋肉を鍛えることで腰痛は改善します。それは状態が安定してくるからなのかもしれません。状態が安定すると歩くことも楽になります。これは自分で努力をしていくしかありません。誰かが筋肉を強化してくれるということではないですからね。実際に運動を仕出してから腰痛はかなり改善されました。腰痛の改善には時間がかかります。しかし何かをやって何も効果が出ないということではありません。やればやっただけ得られる効果はあります。背筋運動も良いですね。それらを行うことで骨周辺の筋肉も強くなります。姿勢維持も簡単になるので腰の負担は小さくなっていくのではないでしょうか。腰がしっかりしていればそれだけ余裕ができます。生活をするときも楽になるので、やはり腰を鍛えることはとても大切ですね。
私は痛い思いをしてそれを実感しました。今後も腰回りの筋肉を鍛えていきたいと思います。そうすれば厄介な腰痛に悩まされることも少なくなりますね。腰痛は恐ろしい病気です。あらゆる病気の中でも厄介極まりないものです。すぐに治るというものでもありません。時間をかけて治していくしか無いので大変なのです。毎日少しずつ改善していくようなものでもあります。ですから取り組みは続けていきたいですね。

腰痛との付き合い。腰全体から鈍い痛みがして、足の付け根まで響いてくる

久しぶりに部屋の整理で重いものを運んだところ、持病である腰痛を再発させてしまった。腰全体から鈍い痛みがして、足の付け根まで響いてくる。何とか整理をキリのいい所まで終わらせて、すぐに湿布を貼った。ふと思うのが、腰痛を患ってからもう20年以上も経っている、という事だ。
 最初に腰痛を覚えたのは、大学生の時だった。当時私は学業の傍ら、アパート近くの運送会社で荷物仕分けのアルバイトをしていた。早朝の仕事ではあったが、早起きは苦でもないし力仕事は得意だったから、求人広告を見てすぐに応募した。
 その頃は若さに任せた、先を全く考える事のない仕事のやり方をしていた。それが後に、今でも抱えている“腰痛”という爆弾を生む事になってしまったのだ。
 荷物を持つ時には腰を痛めないために、膝を曲げて全身で持つ事が必要だ。現に当時私よりも先輩だった人達は、このやり方で多くの荷物を仕分けていた。私はと言えば、膝を曲げることなく腰を曲げて勢いで荷物を持ち上げて仕分けていた。そんな間違った持ち方でやり続けた報いは、徐々に現れてきた。
 いつものように仕事に行くために早起きして布団から出ると、腰に違和感があった。ズキズキと鈍い痛みがして、曲げるのが苦痛に感じる。幸いな事にその日は日曜日で、仕分ける荷物が少なかったので、何とか仕事はやりきった。しかし、あまりにも続く痛みに耐えかね、生まれて初めて腰痛のための塗り薬を買ってきた。インドメタシンという成分が入った、塗るとスースーして気持ちいい薬だった。この日から仕事を辞めるまでの間、私はこの薬を朝夕の2回塗ることが日課となった。
 仕事を辞めて大学も卒業した私は、地元の商社に就職した。普段はデスクワーク中心で、座った状態が続く環境、それが腰に文字通り響いてきた。痛みのせいで長く座っていられない。仕事に集中できない。さすがに、まだ若いながら危機感を覚えた。
 それからまた腰の薬を塗る一方で、腰痛を良くする方法を調べた。簡単にできそうな事として、腰を温めること、うつ伏せに寝ないことを始めてみる。普段はシャワーで済ませていた所を、浴槽にお湯を張りゆっくり浸かるようにした。横になる時もうつ伏せにならないように気をつけた。すぐに良くはならなかったものの、続ける事で痛みが緩和されて、何とか今に至っている。
 腰痛は放っておくと、地味に自分の身体を蝕み、様々な場面に影響を与える。やれる所からでいいから、腰のケアは確実にやるべきだ。それがいずれ、高齢者になった時の腰の状態を決める要因となるはずだ。

腰痛と仲良くしていく本当に体の中でも腰は大事です

腰痛は、とにかく痛いです。これに尽きます。要の文字が入っているので、わかるかと思いますが、本当に体の中でも腰は大事です。この腰痛にも色々と種類があります。1つめは、持続して、ずっと痛いバージョンです。もう一方は、日頃は痛くないですが、ちょっとした動きの時に、腰が急に痛くなる場合です。いわゆる、ギックリ腰ですね。
 痛みを緩和するには、一番簡単で、覚えておいた方がいいことがあります。ずっと持続して痛い場合は、とにかく温めることが重要です。(その他の箇所でも、持続して痛みがある場合は温めることが大事です。)ギックリ腰の場合は、冷やすこと(湿布などを貼る)が重要になってきます。このように、腰が痛くなってしまいますと、仕事に支障が出るのはもちろんですが、日常生活なんかにも支障が出ます。ましてや、じっとしているだけで痛い場合もありますからね。持続して腰痛という場合には、それ以上痛みが増悪しないように予防することも重要になってきます。また、ギックリ腰の場合もならないように予防することもある程度は可能です。
 そこで、非常に大事になってくるのが、「ボデイメカニックス」です。なんか難しい言葉で、聞いたことない方もいるかと思います。簡単に言いますと、腰に負担がかからないように身体を動かすことを言います。例を挙げるならば、床面などから、物を持ち上げるときに、腰を曲げて持ち上げるのではなく、膝を曲げて、体全体を下げて持ち上げるなどして、腰に負担をかけない動き方を実践することを言います。物を落として、拾う時なんかもこれを実践することで、ギックリ腰を多少は防ぐこともできます。とにかく、腰を動かさずに、大きな関節を動かして、代替えしていくことが重要です。
 そうして、もう一つの方法が、「コルセット」を巻くということです。腰痛の中でも、ヘルニアと診断されているような方は、医療保険により自分から型をとったコルセットを作成してもらうことも可能です。ですが、そこまでではという場合は、ドラッグストアなどで販売されています、腰ベルトなどを購入すると良いでしょう。これを巻いているだけで、痛みが緩和する場合もあります。また、腰が痛くない場合でも、ギックリ腰にならないように予防的に巻いていても効果的であると思います。このように、腰痛とはうまく付き合っていくしかありません。道具などを使って腰痛にならないように適宜予防したりすることが重要です。

腰痛は恐ろしいのです!だからこそモットンマットレスを使う

以前私は腰痛は大したことのない病気だと思っていました。しかし自分が実際に腰痛を患ってみるとかなり大変な病気であることがわかりました。腰痛だけは治ってほしいと思いました。
腰痛になった原因はパソコンのやり過ぎでした。変な体勢でパソコンをやることも有りました。そして腰を痛めてしまったのです。中々治るものではありません。未だに痛みは残っています。しかしそれが改善することはありません。以前に比べて少しは良くなったと言ったところでしょうか。しかし劇的に改善をすることはありませんでした。
腰痛はいきなりやってくるものです。ある日いきなり痛くなってそれが治らなくなったのです。少し痛いくらいなら我慢できたでしょう。しかし私の腰痛はかなり痛くて歩くこともできなくなってしまうほどでした。それでは生活が不便になってしまいます。そうなので私はすぐに病院へ行きました。病院で診断をしてもらいました。そして痛み止めをもらいました。それに加えてコルセットももらいましたね。それを着用しているだけでも腰を守ることが出来ます。パソコンをするときにはコルセットを付けておくことにしました。そうすれば痛みを感じなくなりました。しかしコルセットを外したらまだ腰がしっかりしていないと感じましたね。
ですから私は時間を見つけては腹筋運動をするようにしています。腹筋をしていれば胴回りは安定してきます。それを続けています。
腰痛になったときはもうだめかと思いました。ですが地道な取り組みを継続していたら良くなってきました。ですから治らない病気というわけではありません。しかし、少し痛みは残っています。特に気にするような痛みではありません。ですが気になります。これが完璧に治れば良いのですけど難しいですね。時間をかけて治していく事は大切です。焦りは禁物だなあと思います。焦って無理なことをしても体に負担をかけてしまうだけですからね。カルシウムを多めに摂取しても良いかもしれません。そうすれば骨が強くなります。それだけでも儲けものですよね。体は自分でケアしていくしかありません。時間はかかりますが地道に努力をしていく必要がありそうですね。
今後はもっと栄養を取って体を強くしていきたいです。肉や野菜をバランスよく食べることは良さそうです。それに加えて青汁も飲んでみたいです。病気になってはじめて健康であることの良さがわかりました。今後は気をつけて生活していきたいものです。